前へ
次へ

行政書士試験の合格率はどれくらいか。

行政書士は、官公署に提出する書類や権利義務に関する書類の作成、提出またそれらに関する相談に応じることが主な仕事です。行政書士試験は、一般財団法人行政書士試験研究センターが毎年1回行っています。年齢や学歴、国籍に関係なく、誰でも受験が可能となっています。試験問題は、業務に必要な憲法や行政法、民法などの法令から46題と、一般知識14題からなります。その合格率は、平成25年度は10.1%でした。ここ数年6〜9%程度となっています。合格率を見ると難しい試験のように感じられますが、ほかの資格試験に比べて格段に低いというものでもありません。試験の難易度も、それほど高いものではないと言われています。ただ、受験資格が無いということも、その合格率が低くなっている要因のひとつとされています。

top用置換

top用置換2
Page Top